一日に三文暗記!NHKラジオを使って英語学習する!

2012年7月26日
LINEで送る
Pocket


リスニングに力を入れた英語学習方法

私は実践的な英語力を身に着けるためにリスニングに力を入れている。NHKラジオの「英語5分間トレーニング」という教材を用い、一日に三文暗記するという方法で勉強をしている。最初に教材を買っているし、ラジオの放送時間が決まっているため毎日半ば強制的に続けることができる。ラジオでは毎日五分間放送される。これも負担が少なく大変助かっている。この放送ではテキストにある文を外国人の先生が何度も読み上げてくれる
私はそれを最初はテキストを見ながら復唱する。そして十回ほど復唱した後、今度はテキストから目を離して言う練習をしている。こうすることで効率よく暗記することができるのだ。私はこの方法を一年近く続けているのだが、効果は最初の一か月から感じる事ができた。テキストに出てくる例文が日常の一節を切り取った形になっているため、日常会話を効率よく勉強できるのである。今までは「これってどんな風に言うんだろう」と思って、文法的に文を組み立ててから話すことが多かった。
しかし実際の日常会話は文法をそこまで重要視していない。それは生きた英語ではないのだ。それでもこのNHKラジオを一か月続けたころから「咄嗟の一言」がスラスラと出てきて、効果を身を持って感じることが出来た。やはり英語の基本はシチュエーションに合わせた暗記であると思う。そういう意味ではこのNHKラジオの五分間トレーニングは理にかなっている。私たちの日常会話を考えれば分かる事だが、私たちは普段文法的に文を組み立てて離しているわけではない。「咄嗟の一言」をほとんどにして会話しているのだ。このような「咄嗟の一言」をどれだけ覚えたかが日常英会話の鍵となると思う。もちろん日常英会話だけではなく、テストなどでもおおいに役立てるスキルであると考えている。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop