発音記号を覚える!私が実践した独特な英語学習法を紹介

2012年7月30日
LINEで送る
Pocket


発音記号を覚える英語学習方法

英語学習方法の基本の基本は、発音記号を覚えることです。これは平成の学習ではコミュニケーションを重視するあまりにないがしろにされていますが、英語の勉強は、英語を好きになれば誰でも積極的になれるものであり、英語を好きになるためにはきれいに発音できること、自信を持つことが大事です。
今は英語も音教材が豊富ですから、必ずしも発音記号が読めないと発音がわからないということはありませんが、しかし辞書でわからない単語を調べたときに、発音記号がわからないと、結局はその言葉の意味はわかっても正しい発音はわからないことが多々あります。発音がわからない単語は記憶の定着が著しく悪く、効率的ではありません。
昔は発音記号は辞書の巻頭か巻末にあったものですが、今は滅多に見かけません。しかし、参考書としていくつか発音記号を解説したものが市販で出ているので、そういったものを買ってよく研究したり、あるいはネットで、舌の形と音を組み合わせて解説しているようなサイトもあるので、そういうったものを活用して、根気よく自分のものにしていくしかありません。
しかし、発音記号を一度しっかり覚えてしまうと、英語学習にはとても強い味方になります。ひとつひとつの単語の発音がはっきりわかっていてこそ、自然なイントネーションや連音のなりたちが理解できるので、当然のようにネイティブに近い英語を話すことができるようになり、自分のきれいな発音を聞いて耳と脳が定着をさらに促すので、効果的な英語学習につながります。
あまりに地味な作業なので、いくら勧めてもなかなか実行してくれる学習者は多くありませんが、発音記号を覚えることは英語を第二外国語として勉強する時にはとても効果的です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop