TOEICで結果が出た「ニュースを英語で読む」の英語学習法

2012年7月25日
LINEで送る
Pocket


英字のニュースサイトを読む英語学習方法

私は毎日、英字のニュースサイトを読むことを日課としている。その際、分からない単度に出会ったならノートに書きだし意味を推測、その後辞書で調べて答え合わせをしているようにしている。やはり英語というのは言語なので毎日毎日簡単な文であっても触れる事そのものが大事だと考えている。しかし毎日英語に触れるという機会はなかなかないし、よっぽど意識しないとそのうち面倒くさくなってやめてしまうだろう。
そこで私はニュースを英語で読むようにしている。そのサイトでは興味深い記事を多く取り入れており、楽しく読むことができる。(もちろん難しい文や単語で理解できず楽しめないこともあるが)そして記事内に分からない単語を発見した場合は「分からない単語リスト」というA4のノートにオレンジのペンで単語を書きだしている。最初から意味を調べないで、予測をして記事を取り敢えず最後まで読み進める。その後、調べてみて意味を確認した後に「分からない単語リスト」に日本語の意味もオレンジペンで書き加える。
ポイントはこのオレンジペンである。これは赤シートで文字を消すことができる。これで繰り返し、「日本語を見て英単語を答える」、「英単語を見て日本語を答える」などの簡易的なテストを自分で行える。これを3か月も続けると、分からない単語は一記事で一つや二つになる。最初こそ大変だが、それを超えてしまえばあとは記事を純粋に楽しめるようになる。
日常的に使える英単語の数も劇的に増え、TOEICのテストの結果もおおいに上がって効果を感じている。やはり英語を勉強するときに注意しなければならないことは「続けられるかどうか」である。私の勉強方法よりもっと効果的な方法はあるだろうが、それが苦になって英語を嫌いになってしまえば元も子もない。自分が楽しめるように工夫することが大事だと思う。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop