脳科学を活用した、英単語を簡単に覚えられる方法を紹介!

2012年7月24日
LINEで送る
Pocket


シンプルだけど自分にあった英語学習方法

まず横書きノートを一冊買います(できれば千切れるタイプのが良い)英語はひたすら単語を覚えることが大切です。ですので覚えたい範囲をとりあえず何度も書いていくことが大事です。単語→スペル→単語→スペル。まずはノート半分からやっていきましょう。なれてくうちにどんどん範囲を増やしていきます。そしたら白紙のプリント(千切れるノートはノートの紙を使用)で書いた範囲を教科書等を見なくても書けるかどうかを試します。これからはこのプリントで確認する行為を軽テストと称します。
書けなければもう一度何度もやり直します。声に出してやっていくと変な人に見えるかもしれませんが更に効果覚える効果があがると言われています。自分も声を出して覚えてました。何度も繰り返してくうちにかけるようになってくるはずですがこれは錯覚または一時的なものの可能性が高いです。とりあえず半分書いていたノートの範囲を3分の2にしてみてくだい。今まで書いていたものに内容を増やすのです。覚えたと思ったらまた軽テストを行います。 これを何度も行っていくのです。
やっていくうちにどんどんできるようになってくるはずです。途方にもないやり方のように感じるかもしれませんが積み重ねが大切なのです。まずは半分半分以下でもいいかもしれませんともかくわからない範囲を定期的に練習→軽テストこの繰り返しです。この方法は漢字などでも使えます。やり方は少し代わりますが基本は変わりません。私は勉強が嫌いでしょうがなかったのですがひたすらにこの方法で大学受験も乗り越えました、仕事の副業で家庭教師を一時期やっていたことがあるのですが教えていた子達にもこの方法で英語は勉強させていました。かなり大変な勉強法ですが確かに力は付くはずです。
効果のほうですがまず単語の意味単語のスペルは悩まず解けるようになります。単語、スペルがわかるようになると英語はほとんどわかるようになります。その他ですが勉強道具を綺麗にしてください。道具が汚いとやる気も出て来ません。まずは身の回りのものからしっかりしていきましょう。後書きやすいペンを用意するのも大事です。自分にあったペンを使って効率よく勉強を進めていきましょう。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop