TOEICスコアが300点以上も上がった、考古学者シュリーマンの英語の教え

2012年7月24日
LINEで送る
Pocket


シュリーマンの語英語学習方法

シュリーマンをご存じでしょうか?本名はヨハン・ルートヴィヒ・ハインリヒ・ユリウス・シュリーマンといいドイツの考古学者です。シュリーマンはトロイの遺跡を発見した優秀な考古学者であるとともに、語学の天才で18カ国語をマスターしていたようです。私の英語勉強方法はシュリーマンが行っていた勉強方法に従って英語を勉強する。
これが英語勉強法の王道だと思っています。その方法とは以下の通りです。(1) とにかく多く音読すること(2)絶対に翻訳はしないこと(3) 毎日1時間は英語の勉強にあてること(4) 興味があることについて英語で作文を書くこと(5) 作文を教師の指導によって訂正すること(6) 前日直された作文を暗記して、それを暗誦すること。
この六つのことを行うだけで、英語力がかなり上昇します。私は今まで「簡単に話せる」、「1日で話せる」と言った甘い言葉が書いてある参考書ばかりに頼っていました。そのため、2年ほど勉強しても全く話せるようにならず、TOEICの点数も300点後半から400点前半程度をさまよっていました。
しかし、シュリーマンの語学勉強法を試した結果、3ヶ月で500点近くまで上がりました。シュリーマンの語学勉強法をはじめて試してからもう2年ほど経ちますが、今ではTOEIC850点を超え、外国人との会話にも物怖じせずにいられるようになりました。この方法は簡単ではありません。必ず話せるようになるのだ、といった強い意志が必要です。
私も何度か挫折しそうになりました。しかし、日々上昇する英語力を実感できたため、続けることができました。もし、あなたが絶対に英語の力をつけたいと望むなら、シュリーマンの語学勉強法を試すことをおすすめします。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop