CNNのテキストを利用して、英語と時事両方で知識を蓄える!

2012年7月25日
LINEで送る
Pocket


耳で慣れる英語学習方法

私の英語の勉強方法は、とにかく”聞いて慣れる”ということです。たしかにお金をかけて英会話教室に通えばそれなりに話せるようになるのかもしれません。しかし、週1回の英会話、それも1時間程度ではお金をかけた分の語学力はつかないのではないのかと思っています。私は毎月、CNNのテキストが発売されているのでそれを購入し、MP3に入れ通勤時間やお昼休みの時に聞いています。
もちろんテキストなので、聞くだけではなく問題も解いていきます。ニュースを用い英語を勉強するので、時事問題にも詳しくなっていきます。英語を話せても、日常問題についてある程度の知識がないと実際会話したとき話が続かないと思うので、語学勉強以外の知識になるCNNのテキストはオススメです。 また、CNN以外にも今はBS放送で英語のニュースなどが放送されているので、それを見るようにしています。
例えばステューデントニュースも同じです。学生向けに作られているので、聴きやすいと思います。これらの英語を毎日の時間のちょっとした隙間に取り入れることで、まず耳が慣れていきます。始めはわからなくても、繰り返し聴くことで全体の雰囲気でわかるようになってくるでしょう。他には、やはり英語教室になると思います。
前述ではおすすめしませんでしたが、教室をきちんと探せば良い英語教室はたくさんあると思います。私が通っていた英語教室は、テキストはアメリカの大学の教科書という変わったところでした。なぜテキストが教科書なのかというと、アメリカの歴史や文化、時事問題などに対し英語で理解することでたとえアメリカに行ったとしても、会話で苦労をしないからです。哲学の教科書を読んだこともあります。もちろん、英語で日本の文化を伝える授業もあります。他にも、ある問題を提示されみんなで賛成・反対に分かれて討論する授業もあります。
英語とはいえ、話している内容は日本語で話すこととかわりありません。私たちは普段、最近の経済についてや時事問題を話すこともあるでしょう。そういった時にきちんと対応できる教養を身につけることも、英語を勉強する上で必要だと思います。以上が私の英語勉強方法です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop