リスニングが苦手な方必見!日常英単語から入る英語学習法を紹介

2012年7月25日
LINEで送る
Pocket


日本人の英語学習方法

近年、どの受験や資格を見てもリスニングに関する比重が大きくなっています。ですので、英語を学習する上ではまずリスニングをきっちり出来るような学習法を考えなくてはいけません。そこからスタートです。しかし、ここでまず躓いてしまう人が多いのも事実です。そして、その理由はしっかりと頭に叩きこんで勉強に臨まなくてはなりません。理由は簡単で、日本人は気遣いを出来る人種だからです。
日本人の悪いところでもあり良いところでもあるのですが、相手に対して気を使ったり遠慮してしまったりするので、自分の主張する事を口に出さないわけですね。これは一種の国民病で、治すことはほぼ不可能です。だから日本人は「文法は得意だけどリスニングは苦手」と言われるわけです。そこをまずきちんと理解して取り組まなければなりません。
理解したらあとは、そういうふうにならないように取り組むだけです。まずは必要な「日常単語」を覚えます。日常会話で使われるような簡単な単語です。日常会話で使われるような単語はそんなに多くありませんので、普通に勉強していたら1ヶ月もあれば十分に覚えることが出来ます。こういった単語集は、市販に売っているような簡単な英単語集で十分です。
次に、いきなりリスニングに入ります。学生なら受験用の英単語集ではなくて、TOEICなどで使われている日常英会話の会話集を収録しているような本です。この本には付属でCDが付いていることが必須。買ったらCDを聞きながらそれに続けて音読していきます。最初はメチャクチャでかまいません。 これをだいたい一冊3回は繰り返してください。それだけ効果が表れるはずです。私はこういった簡単なことから始めて、偏差値30台だった英語が70台にいきました。もちろん、独学です。
文法至上主義の日本ですが、私はそうは思いません。勉強はやっているうちは不安ですが、効果が出るとうれしいものです。自分を信じてがんばることが大事だと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop