学習書「絶対音読」を使って聴くから入る英語学習法とは!?

2012年7月27日
LINEで送る
Pocket


絶対音読という本を利用しての英語学習方法

私の英語学習方法は英会話・絶対音読という本を利用して勉強してました。本にCDが付属しているので英語を聴きながら勉強できます。私は英語が苦手と思っているので本当に基礎の基礎を勉強するつもりで音読してました。テキストを見ないでCDを聴く。テキストを見ながらCDを聴く。テキストを黙読して意味を理解する。CDに合わせてテキストを音読する。テキストを筆写する。仕上げの音読をする。
ひとまずはこれの繰り返しです。面倒臭くなった時はとりあえず聞くだけで終わってました。で、やる気がまた出てきたら上のトレーニングをやるという感じでした。効果は1週間ほどで全く聴き取れなかった英語が聴き取れるようになってきましたね。意味も理解するように勉強していたのでテキストの英語はできるようになりました。
とにかく聴いて声に出すそして書く。入門編は理解できたので標準編を勉強し始めました。最初入門編の英語も聴き取れなかったのに勉強したおかげか標準編の英語もすんなり頭に入ってきました。意味はわからないけど発音は聴き取れるという状態ですね。意味はもう覚えるしかないんで基本は聴く読む書くそして理解するを繰り返してました。
英語初心者だったのに普通になってきた気がしました。中学時代の実力テストで一桁とか取っていた私なので…。で、聴き取れるようにはなったんですけどここらへんから勉強作業が飽きてくるんですね。ダレてきます。そして毎日しなくなってくる。たまに思い出したように聴いて標準編の勉強で終わりました。
まだ挑戦編とかあるみたいですけどね。で、英語は結局身に着かなかったの?という話になりますが今でも入門編は聴き取れますし理解できてます。標準編はちょっと聴かないと危ういですが…英語を身に着けるには継続力を身に着けるのが一番の近道だと思いました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop