洋楽で英語学習!自分の好きなものを通じて学習する効果は!?

2012年7月27日
LINEで送る
Pocket


洋楽を聞きながらの英語学習方法

私の一番の英語学習方法は洋楽を聞きながらの勉強です。学生時代は塾などに通って詰め込みで暗記をしていました。でもそのほとんどはテストまでのもので、今では全くそのときに覚えた英単語などは忘れてしまってます。それとは別にもともと音楽が好きだった私は洋楽にハマりました。洋楽を聞き始めると気になるのは歌詞の内容です。
一つずつ単語を辞書などで調べてはノートに書いていき、自分なりに和訳していきました。テストのための勉強とは違い、苦痛もなく、むしろ楽しみのほうが増えていきました。自分の好きな音楽を通じて英語を学習することはすごく大きな意味のあるものだと思いました。洋楽には単語だけではなく、接続詞なども出てくるし、学校や塾で学ぶよりも理解しやすいです。何より教えてもらうのではなく、自分から動いて理解するからこそ学べるものだと思います。
そして英語を学ぶ中で一番難しいのは発音です。こちらに関しては学生時代にもとても苦戦をしました。とくに人前で話すのが恥ずかしくて、thの発音などみんなとそろえる声だしではできても一人で喋るとなるとなかなかできたものではありません。でも不思議と洋楽を歌う中ではできるのです。
メロディーが流れている部分もあるでしょうし、何よりも歌手というお手本がいるからこそマネから入れるのだと思います。でもただ聞くだけでは洋楽は言葉の詰め込みが多かったりもするので、まずは文章を読むところから始め、そこから歌に入ったほうがいいと思います。そうすると読めなかったところを一生懸命聞いたりして自分なりに理解することができます。
ただ勉強をするという方法をとるよりも自分の好きなことに交えて勉強するのが一番です。途中で飽きてしまったり、いやいや勉強をしたところで何も身につかないと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop