英語習得の近道!英語を英語で理解するための14個のポイント

2012年6月18日
LINEで送る
Pocket


私らしい英語学習法方法

私は昔から英語が苦手で、英語の成績が悪すぎて、他の教科で良い点をとっても総合点で英語が足をひっぱっていました。昔から英語塾にも通っていたのですが、残念ながら「英語が嫌い」という意識が根付いただけでした。ホームステイにも行ったことがあるのですが、元々内気なため特に成果も上がらずに帰国。
滞在中どうしていたかと言うと、なんとボディランゲージだけで乗り切ってしまいまして。ステイ先の子とゲームして遊んでいました。言葉はいらないですから、苦肉の策でした。結果、とてもその子とは仲良くなりましたが。さて、そんな英語嫌いに定評と実績のある私がなぜ英語を勉強しようと思い立ったかというと、それは必要に迫られたからです。仕事で必要で、それを知った時はかなりショックでした。
けど「これは良い機会なんだ」と勉強を決意。学習本をあさったり、聴くだけCDも試しましたが、残念ながら私には合わず。じゃあ、私に何が合っているのか考えた末行き着いたのが、ゲームでした。英語ゲームではありませんよ。オンラインゲームです。海外の人も多く参加しているゲームに参加してみました。ひとしきりやり方を覚えた後で、カタコトながら英語圏の方がいるチームに参加。
協同作業というか、同じ目的を持って行動をしているので、お互いに仲間意識も芽生え、その時その時の気持ちを伝えたくて頭をフル回転させて英語のチャットに参加。意味は分かるけど、英文を打つのが苦手なのでとても苦労しましたが、やはり画面の向こうには誰かがいるのかと思えば、気持ちを伝えようと頑張れました。
相手の方も細かな文法の違いなどを指摘してくださるので、本当に先生のようで助かりました。それから段々「頭で考えて英語に直す」ではなくて、「英語で考えて英語で応える」ことができるようになりました。私らしい英語の勉強法だったと思います。今では、結構適当ながらそこそこの英文が打てるようになったのではないかと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop