英語に効果的と言われる反復学習方法を実践してみた!

2012年6月8日
LINEで送る
Pocket


英語力を身につける英語学習方法

私は、高校三年間で英検5級から始めたのが、英検2級まで取れました。また、難関私立大学と知られている大学にも合格しました。人によっては大した事ないかもしれませんが、そんな私の独自の英語の学習方法を書きたいと思います。そもそも、英語というのは語学です。語学は何より、反復学習方法が効果的とされていますので、しっかり復習することを習慣づけてください。
まずは、日常会話で使う簡単な英単語や文法を覚えていきましょう。この時点で、これから使う例文は一つに縛るとわかりやすくなります。例えば、彼はバスケットボールをする。これを英語に直すと、He plays basketball.この文を、彼はバスケットボールをしている。という英語に直すと、He is playing basketball.と、なります。
このように、簡単な英文から発展させていくとより効果的です。発展的な英文法の学習方法ですが、これはテキストを使用して問題を繰り返すしかありません。難しい箇所には、例文を覚えるのが効果的だと思います。何より、感覚的に覚える。これはこういう形でこう意味で、という感覚をまず身につけることが大事だと思います。
英単語や英熟語の覚え方ですが、本格的に覚えたいのなら、一日に10個は覚えてください。どうやって覚えると良いかというと、手で英語のスペルを書きながら、それを発音し、目で覚えるということです。手で覚えて、口で覚えて、目で覚えて、耳で覚える。このように、体で覚えるという感覚を身につければ、スラスラと覚えられるようになります。
これは、簡単な英単語から難しい英単語まで、幅広く活用できる学習法ともいえます。また、覚えても忘れてしまう事が多いので、覚えた次の日の朝にでも、目を通すぐらいのことはしておきましょう。英単語も、復習が鍵となります。
最後にリスニングですが、これは毎日聴きましょう。何でもいいです。英検のテキスト、洋楽、ジャンルは問いません。洋楽だと、お気に入りの曲の歌詞を和訳するという気持ちも出てくると思います。リスニングは耳で慣れなければなりません。また、流れている英語を口で追いかけながら発音していくのもよいです。
とにかく、繰り返しますが、毎日聴いて学習することがリスニングの大切さだと思います。これは、10分から30分だけでもよいです。長くなりましたが、これらの学習方法で、私は英語力を伸ばすことができました。正直、最初は続くか不安でしたが、段階的に学習することによってどんどん学ぶことが出来ました。
今では、大抵の英単語もすぐわかりますし、英語の長文もスラスラ訳せますし、リスニングも好調で外国の方とも話せるようになりました。最初の頃とは雲泥の差です。本当に嘘のようです。高校の先生もびっくりしていました。
これらを見てみると、かなり勉強しなければ無理だというイメージを感じてしまうかもしれませんが、そうでもありません。無理して英語漬けになる必要もないです。実際、私は一日3時間ぐらいしか英語は勉強していません。それでも、私なりの学習方法で、難なくやっていけました。
そして、難関私立大学にも合格することが出来ました。皆さんも、宜しければ私の学習方法を試してみてください。まずは、何かしらでも始める事が大事だと思います。無駄になることはないのですから。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop