繰り返しの効果を最大限に活かす暗記英語学習法とは!?

2012年6月9日
LINEで送る
Pocket


私の二通りの英語学習方法

英語の学習法に限らず、外国語の学習には共通したコツがあると私は思います。まず第一に、学習は目的観に徹しなければならない、ということです。それはどういうことかというと、学校の英語の成績を向上させたい、テストで良い点を取りたい、或いは受験英語に強くなりたい…などは、学業が目的です。
一方、外国人と自然に英会話ができるようになりたい、というのは、英会話の習得が目的となります。英語学習における学業と会話、この二つは似て非なるものであるということを、まずはしっかりと認識することから始めたら良いと思います。
学業が目的であれば、私のお薦め学習法は「単語・英文丸暗記法」です。これは、ひたすら機械的に情報を脳にインプットしていく感じです。ただし、ちゃんと覚えたかどうかを、こまめにテストしましょう。そのテストは、丸暗記したものをパッと取り出す訓練にもなります。
次に会話目的の場合は、「オウム返し学習法」がお勧めです。実際に目の前に外国人がいれば最高ですが、いなければ英語の録音教材でも、英語ラジオ放送でも、英語の映画でも歌でも良いです。耳から聞いた単語や文章を、ひたすら真似て声に出すのです。ただし、棒読み的な真似ではいけません。ちゃんとネイティヴ・スピーカーの全てを真似て声に出すのです。これは耳と口を同時に鍛える訓練になります。
「単語・英文丸暗記法」も「オウム返し学習法」も、根気が必要ですが、塵も積もれば山となるの精神が必要です。それは、繰り返しの効果によって、英語を自然に身に付けるイメージです。その意味では昔から言われているように、「英語は習うより慣れろ」というのは、本当に真実だと思います。どうか頑張ってください。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop