留学しなくてもネイティブな英語を身につける6つのポイント

2012年6月19日
LINEで送る
Pocket


国内で十分できる英語学習方法

英語の勉強法なんて、ちょっと身につけてしまえばとっても簡単です。まずは自分の一番重要視している項目から手を付けます。普通はリスニングです。 なぜなら相手の言っていることがわかれば、仮に自分から話すことができなくても、相手の言うことを理解し、YESやNOの意思表示を最低限できるからです。
子供が自国語を学ぶときと同じように、リスニングで相手のいうことを理解しようとするところから英語学習は始まるべきだと考えています。そのためには、スクリプト付きの英語のビデオやインタビューを見ることが効果的です。これはあくまで大人の英語学習です。
子供のうちはただひたすらに相手の言うことやテレビから流れてくる音を聞くだけでも効果がありますが、大人になると脳は論理的に考えた方がわかりやすくなるという性質があるので、スクリプトを見て何についているのか確認できる環境で、耳から入ってくる音声情報を理解しようとするほうが早く効果が出るはずです。
DVDなら字幕も英語と日本語に切り替えられるので便利ですし、スクリプトつきの教材はネットでいくらでも手に入ります。活用しない手はないでしょう。続けるうちにその効果は顕著になってきます。
ネイティブスピーカーと話すときに、だんだん相手の言うことが理解できるようになりますし、とりあえずは相手の言うことを聞くことが苦痛でなくなってきます。そこがまず第一歩です。
英語が苦手な人は、英語を聞いてもわからないという頭が先にあるので、聞くこと自体が苦痛に感じているはずですが、耳と脳が英語を受け入れる環境に慣れれば苦痛は消え、以前よりも積極的に意味をキャプチャーしようと器官がそれぞれ頑張ります。インターネットは最強の勉強道具だと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop