NHKのラジオ講座をより効果的に英語を学習するための4つのポイント

2012年6月18日
LINEで送る
Pocket


ラジオ講座を使った英語学習方法

わたしは娘と共にずっとNHKのラジオ講座で英語を勉強しています。娘が中学生になり英語を学ぶようになったときから基礎映画1(初歩中の初歩)を一緒に聞くようになりました。本屋でテキストを買って毎日15分間。再放送も準備されており、自分の都合で時間帯を選べます。
最初は本当に挨拶や名前を聞くようなものでしたが、比較的使うことの多いような例文が多く参考になりました。基礎英語から始まり段階に応じて様々なコースがありました。会話やビジネスに特化した英語講座もあります。リスニング用もあります。
いろいろなタイプが用意されていて、講師も外国人の方ですしラジオから流れる掛け合いも楽しくて思った以上に続けることができました。やはり英語の勉強はテキストだけでは無理ですね。耳でネイティブの発音を聞かないとほぼ意味がないような気がします。テキスト代は月数百円。この上ないくらい経済的で親子の会話もできて、いい時間になりました。
たまたま夫もラジオ講座を聞いているときに家にいると感化されるようで、一緒に英語を聞いたりしていました。今ではラジオをSDカードに録音することもできますし、インターネットもあるようです。現在はずいぶん進化してより便利になっていますね。
これがきっかけもあり、実際数年後アメリカに家族旅行をしました。旅行が決まってからは、旅行用にほかにも市販の本を買ったり、旅行経験のある家族と交わっていろいろ英語を教えてもらいました。できるだけ通訳に頼らず、何をするにもまず自分で英語で話しかけるチャレンジをしました。
通じたときはとっても嬉しい。欧米人は体で気持ちを表してくれるので笑顔を見せてくれたり子どもにハグしてくれたり、とっても良い経験になりました。お金をかけなくても、楽しめる学習法にすることが大切だと思います。また、試験を受けるとか海外旅行に行くなど大きな節目をつくり、それを目標にして取り組むと続けられると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop