4つの学習法を試す!時代に合わせた英語学習法!?

2012年6月11日
LINEで送る
Pocket


一番いい効率方法で学ぶ英語学習方法

わたしの場合、英語を学習する時には読み書きと会話を切り離して勉強しています。本やネットの記事を読み文章を書くことと、仕事で海外の方と会話する能力とは違った側面がありますから、勉強に対するアプローチの仕方も変えて学ぶ必要があると思っています。
読み書きの場合には、これは学生時代に取り組んだ英語の勉強法と大差ありませんが、なるべく英字新聞だけでなくインターネットニュースをプリントアウトしたものをテキストにして使用するようにしています。これは日本人が学校での英語学習で学んだ英語が実際には現地で読み書きのレベルでも時代遅れになりがちな事を考慮しているからです。
英語に限らず言語というのは常に変化しつづける面がありますので、時々刻々と新しく登場するキーワードを常に捉えることが必要になると思っています。また、会話についてはとにかく基本的な会話に困らないように常に英語で会話する環境を見つけ出す事です。
なにも有料の英会話スクールに行くだけではなくて、社内に外国籍の社員がいるなら比較的容易に英語で話す環境を作ることは出来ますが、日本にいる外国の人は日本語を話したいという欲求が強いことを覚えておく必要があります。
彼らもわたしが英会話を望んでいると同様に、身につけた日本語を試してみたいと望んでいるからです。それ以外にもわたしはインターネットの動画ニュースを利用します。会話の基本はリスニングであるのは現在でも変わりません、とにかく英語での会話に慣れることが大切だと思いますので、テレビを見る時間を英語での視聴の時間にしてみるだけでも、英語を聞き分ける能力が上がったと感じることができるはずです。
わたしは仕事の都合で外国籍の方とお付き合いをすることになってから、あわてて英語を再勉強しようとしましたが物事を学ぶためには必ず一番効率の良い方法があるはずですから、最初に勉強の方法を考えてみることが大切ではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop