英単語は最重要!日常英会話力は英単語の記憶量と同じ!?

2012年6月2日
LINEで送る
Pocket


まずは英単語の意味から覚える英語学習方法

今は飛行機や船などの交通網が発達しているので「外国に行く」ということも「外国で暮らす」ということも、それほどめずらしいことではなくなってきていると思います。そういう社会でしたら「英語」はわかったほうが、外国に行った時にも便利なのではないかと思いますし、また、外国から入ってくる情報を理解するという上でも「英語はわかったほうが」いいのではないかと思いました。
とはいえ「英語」は何にもしなくて解るようになる、というものではありませんよね。「英語の勉強」をしないとわかるようにはならないものだと思います。英語の勉強法なのですが、英語という言葉は、まずは「英単語の意味」がわからないと、もうどうしようもないのではないかと思いました。
文法はもちろん大事なことだと思います。しかしそれ以上に「英単語の意味」がわからないと、「おおまかな意味合い」さえも理解することができないのではないかと思いますので。ですから「英語の勉強法」としては、まずは「なるべくたくさん英単語を覚えます」ね。
すると英文を見ていても、知っている単語が出てきているなら「なんとなくであっても、意味合いは理解できるところがある」ということが起きるのではないかと思います。もっとくわしいニュアンスやもっと正確な内容などを知りたいと思った時にはやはり、「文法」というものが大事になってくるのではないでしょうか。
最初の段階でしたらまずは「英単語をたくさん覚えて、とにかく英語で何を意味することを言っているのかを、大まかでもいいから感じ取れるようになろう」というところから始めます。そしてもっとくわしいことを知りたくなったら、文法などのその他のことを勉強する、というようにすればいいのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop