継続は力なり!継続することを一番に考えた英語学習の5つのポイント

2012年6月11日
LINEで送る
Pocket


読書で学ぶ英語学習方法

英語といえば、受験勉強のときにいやというほど勉強しましたが、なかなか身につかなかったという人は多いのではないでしょうか。私もあんなに勉強しても、勉強のため、テストのための英語勉強で、実践力はなかったです。
大人になって、やっぱり英語を勉強したいと思い、いろいろ試してみましたが、自分が楽しんでできるものが一番続いた気がします。英語教室や、英語教材などいろんなものがありますが、どれも高価だし、続くかわからないのでなかなか手を出すことはできませんでした。なので、お金もかからず、自分の好きな読書で英語を勉強することにしました。
まず、自分の好きな本を用意します。英訳されたものと、日本語のものと同じ本です。子供向けの本は簡単でいいのですが、なかなかよんでいても楽しくないので、ある程度簡単でも読み応えのあるものがいいので、私は「不思議の国のアリス」を選びました。
毎日時間をとって、少しずつ英語の不思議の国のアリスを声に出しながら読みます。日本語でよんだことあるので、大体のストーリーがわかるので、単語がわからなくても、大体読むことができます。大切なのはいちいち辞書で調べながら中断しつつ読むのではなく、大体こんな感じかな、と読み進めることで、英語になれてきます。
読んだ後で、覚えたい単語、新しい単語や言い回しをいくつかピックアップして、日本語の方の不思議の国のアリスで確認し、単語帳に書きます。そして、一日の中で、何回も見て覚えます。覚えるだけでなく、家族などにその単語を使った文などを話してみるとより効果的です。家族の協力も必要ですね。毎日続けて読むうちに、読み終わる頃には、ぐんと英語の理解力が増していることがわかります。是非好きな本でお試し下さい。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop