現代の力を使った、画期的な英語学習法を徹底解説!

2012年6月3日
LINEで送る
Pocket


いまどきの英語学習方法

高校生の母です。昔、私たちの学生時代は洋楽の歌詞を和訳するのがちょっとしたブームになってました。分厚い辞書をひきながら、苦手な英語に取り組んでいた記憶があります。娘もまた、英語の成績はあまり良くなくて、中学生の頃は塾に通ってなんとかこなしていたようです。それにしてもあまりにも伸び悩んでいたので、中3の頃から、インターネットで公開されている英文のブログなどを読むようになりました。
中にはムービーもあり、身近に感じ始めたのではないでしょうか。今まで見るのも避けて通ってきたぐらい苦手な英語でしたが、ブログ記事などを読むようになり、だいぶ積極的になりました。最近見つけたミカエラのブログもお勧めです。英文と和文と両方ありますので、苦手な人でも読みやすいと思います。見た目も可愛らしく、内容もとても面白いので社会人にもお勧めしたいと思います。
娘は和訳が載っていないものは電子辞書などを使い、ひとつひとつ自力で読んでいます。昔の歌詞の和訳と同じ要領です。長文になると、さすがにツライ時もあるようで、聞いてきたりします。時間のあるときはテキストを開き文法に沿って訳してみたり、いろいろ工夫している様子です。昔はローマ字すら苦手だったのが嘘のように、積極的になりました。
当然テスト前などは、単元の復習もしています。単語も一つ一つ、手で描き覚えて行っています。(多分視覚で覚えるタイプなのだと思います)結果としては、成績表の英語の項目が中3の頃から着々と伸びています。要するにやる気ということなのかもしれませんが、自分が興味を持ち、自分の意思で辞書を引くというところからなのだと思います。
5教科の中で、一番足を引っ張っていた英語ですが、ようやく今頃になってプラスになってきているようです。英語が苦手な人は多いと思いますが、小説でも、雑誌でも、ブログでも、興味のある事柄の英文記事に触れてみることをお勧めします。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop