英語を習得したい理由を考える!続けられる英語学習のポイント

2012年6月15日
LINEで送る
Pocket


¥ネットを使って楽しみながら出来る英語学習

自分は、学生時代にはそれなりに英語を勉強して、ある程度の成績ももらえていました。客観的に評価しても、自分では英語はできる方と考えていた訳です。ところが社会人になって、ネイティブからの英語の電話がバンバンかかってくる環境に就職すると、その聞き取れ無さに慄然としてしまいました。
自分のやってきた勉強は即戦力にならない英語だったのかと言う、脱力感と焦燥を感じた訳です。慌てて、リスニングを強化する英語学習方法を検討し、実行してみました。複数のビジネス英会話教室の無料体験等を試してみましたが、どうも腑に落ちませんでした。
うまく表現できませんが、必要なコストの割には、学習で身につけられる会話の内容が平易すぎる様に感じたのです。CS放送のネィティブ向けのニュース番組等は、以前からも時々見ていましたが、毎日、必ず視聴する様に心がけました。そして、しばらく経ったある日、面白い学習方法を思いついたのです。
私は趣味で熱帯魚を飼育しています。メインタンク(一番大きな水槽)で、アマゾンに住む熱帯魚を飼育しているのですが、その合間に日本原産の淡水魚も飼育しています。インターネット上では、自分の水槽の動画をWebカメラで配信しているサイトも多数あります。私の水槽も動画配信し、その感想等をネイティブの方とp2pインスタント通信で会話できないかと考えたのです。
結果的には、日本原産の淡水魚の動画配信はそれなりに注目を集めました。お腹が真っ赤に色づいた繁殖期のオイカワ等は、特に人気で、この魚に関する会話は、かなりの数のネイティブと行ったと思います。学習の効果ですが、まずは度胸がついた事でしょうか。電話口でネイティブに早口でまくし立てられても、動揺する事がなくなりました。
当然ですが、リスニング能力も鍛えられました。よく英語学習で、「ノイズにしか聞こえないリスニングは意味が無い」と言われる意味が判った様な気がします。聞き取る意志をもってリスニングを続けるのが、もっとも手っ取り早いリスニング学習のコツだと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop