着実に英語習得を目指す!英語は繰り返し学ぶことが最も重要

2012年5月3日
LINEで送る
Pocket


地道な私の英語学習方法

どんな学問にもいえることだと思いますが、英語は「楽して覚えられる」ものではありません。地道な努力をしてこそ、はじめて身につくものなのです。私は英語を学ぶにあたって、「繰り返す」ということを強く意識してきました。英文を何度も読み、単語をなんども発音する。それらを何度も何度もやっていれば、いつか自分の血肉になると信じていたからです。 
その結果、たしかに私は英語を身に付けることができました。しかし残念なことに、私と同じように「繰り返す」ことを念頭において学習していた友人は、正しい英語を身につけることができなかったのです。では、なぜ友人は間違った英語を覚えてしまったのか。
それは英語を間違ったまま繰り返してしまったからです。せっかく努力をしても、間違えたまま覚えてしまえば、元も子もありません。効果がないどころか、逆効果になってしまうのです。これは真面目な人ほど陥りやすい罠ですので、注意が必要です。
ならば、正しい英語の覚え方とはいかなるものなのでしょうか。まっさきに挙げられることは、「返り読みをしない」ということです。「英文は前から順に理解する」というふうに言い換えてもいいでしょう。返り読みをしてしまうと、どうしても日本語に置き換えてしまいます。しかし英文は本来、文の前から理解できるように構成されているのです。
英語を翻訳する仕事につくのなら話は別ですが、英語力を上げたいのであれば、絶対に返り読みをしてはいけません。私は「前から理解する」と言い聞かせながら英文を読み続けた結果、しっかりと前から理解できるようになりました。
また、英語に必要なのは語彙力です。とうぜん単語を多く知っていれば、英語を理解する手助けになります。このとき、ただ漫然と単語を繰り返してはいけません。まずはインターネットなどで、正しい発音をしっかりと耳に焼き付けるのです。
日本に長く住んでいた人は、どうしても入ってきた音を日本語に置き換えがちです。なので、「新しい言語を学んでいる」という意識を強めるためにも、正しい発音を何度も聞くことが大切です。そして自分でも発音できるようになるまで繰り返すのです。正しい発音を意識していると、日本語を介しては得られなかった、クリアな英語のイメージをつかむことができます。
私の学習法を要約すると、英語は繰り返し学ぶことが大切ということになります。そして注意すべきは、正しい英語を前提にして繰り返すということです。常に正しさを意識した結果、ネイティブ並とは言いませんが、私は海外の方と会話をできる程度にまで成長しました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop