英語習得者が教える!キンドルを活用した英語初級者から脱却する英語学習法

2012年5月6日
LINEで送る
Pocket


実際の英会話に使える英語学習方法

私の英語の学習方法は、直ぐにTOEICの点数が上がるとか、テストに有効とか言うものではありません。学生時代は英語のテストは自分でも得意だと思っていたのですが、受験勉強を終えた時点でほとんど英語を使うどころか、目にする機会もなくなってどんどん頭の中から消えていきました。TOEICのために勉強をして受験した事もありますが、つまらないので続きません。
そこで考え方を変え、”勉強”としての英語ではなく別の言語を自分のものにしようという気持ちで取り組む事にしました。現在私がやっている方法は以下の2つです。1つ目は、読書。私の場合はラッキーな事にキンドルを所持しているため、アマゾンUSAで安く人気の小説を購入して読んでいます。キンドルを手に入れる前はペーパーバックで読んでいました。
最初のうちは背伸びせず、子供が読むような簡単なものから読むとある程度のスピードで読めますし、意外と面白いのと案外知らない単語が出てくるので、単語をチェックしながら読めて勉強になりました。
2つ目は海外ドラマのDVDを見ることです。字幕を入れて見れば知らない単語をその都度チェックする事も出来るし、字幕なしで聞く事にのみ集中して見ればリスニングの練習になります。映画もいいと思いますが、映画だとどちらかと言うとあまりに非日常なシチュエーションが多いのと、長いので最後まで集中して見る事が難しいと思います。
その点ドラマは1話1話が短いので最後まで楽しめますし、次が気になるのでもっと見ようという気になって、続けられると思います。以上の2つのことを続けてきて、以前のただテキストをやるような勉強と比べ一番何が変わったかと言うと、会話に使う単語や表現が学べている事です。
簡単な単語でできたイディオムのようなものも案外ドラマの中で出てきて、どういうこと?と考えてしまう事がありますが、巻き戻して見る事で、話の中で使い方を覚えることができるのでニュアンスも分かります。ただひたすら勉強するのが苦手な自分には、今のところ一番あっている勉強法です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop