英語っぽく読むことが大事!ゆるゆるな英語学習法とは!?

2012年5月26日
LINEで送る
Pocket


単語と熟語を暗記する英語学習方法

私の英語学習方法は、とにかくまずは単語と熟語を暗記することです。単語は、発音するのはもちろんのこと、文字の雰囲気を目で見て覚えることをしています。例えば、re-のような単語は、rebornなどの何となく「再び」といったような雰囲気だとかいう感じです。
専門的に言えば接頭語というのでしょうか。私自身はそれをはっきりと暗記したわけではないのですが、単語をある程度暗記していく中で自然になんとなくわかってきたルールを生かしています。それによって、例えば長文の中で初めて見る単語があっても、その雰囲気から何となく意味を察することもできるのです。
熟語に関しては、何度も繰り返し読んだり、頭のなかで一定のリズムをつくってセットにすることによって、自然な形で出てくるようになると思います。でも、本当に初期の勉強方法でしたら、教科書のような文章をすらすら読んで、なおかつ暗記することが効果的だと思います。その時のコツは、ただ単調に読まないこと。
英語っぽく読むのはもちろんですし、単語のアクセントや文章全体の強弱を大げさなくらいにつけて読むのもいいと思います。あとは、リズムにのせて読むことはかなり効果があります。ラップまではいかなくても、そのような雰囲気で読めば、10回も読むころにはかなり完璧に文章を暗記していることになるでしょう。何より、楽しく英語を読むことができます。
あとは、長文読解に関して書きたいと思います。長文読解のまず第一歩は、一番最初に述べたように単語と熟語ですが、同時に接続詞の暗記がかなり重要になってきます。それによって文の構造が格段にわかりやすくなります。また、わかりにくい文章に関しては、主語や述語、目的語の構造を明確にすることによって、かなり読みやすくなると思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop