自分に合った勉強法は?リスニング力を伸ばす3つの英語勉強法

2012年5月19日
LINEで送る
Pocket


私の三つの英語学習方法

私は英語を学習するとき、主に3つの方法で勉強しています。私が一番重視しているのはリスニングの強化です。そのために、ネイティブスピーカーの話す英語をできるだけ聞くようにしています。例えば、iPodやインターネットを使って、毎日最低でも30分程度は英語のニュースを聞くようにしています。ニュースで使われる英語は、比較的スピードも遅めで、なまりのないきれいな英語なので聞き取りやすいです。
また、日本の学校では習わない頻出の単語があるのでとても勉強になります。最初のうちは知らない単語が多かったのですが、様々なニュースを数多く聞いているうちに、そういった頻出の単語については意味が分かるようになりました。
それから、インターネットでアメリカのドラマを英語で字幕を付けずに見ています。英語を勉強するモチベーションを保つためにも、自分の興味のある分野で勉強するのは大事なことだと思います。アメリカのドラマは日本でも人気がありますが、見ていて本当に面白いので、「勉強している」という意識を持たずに自然に英語を勉強することができます。
ドラマの場合、日常会話でよく使われる口語的な表現を学ぶことができます。そのため、ニュースとドラマを両方リスニングの教材にするのはとても効果があると個人的には思っています。
さらに、語彙を増やすために、英語の本を読むようにしています。知らない単語がある場合、最初は単語の意味を調べずに文脈から意味を推測するように意識して読みます。
何段落かまとめて読んだ後、どうしても意味の通らない単語があったら辞書で調べます。そのようにして読むと、英語の本でもあまり時間をかけずに読み進めることができます。
知らない単語を一つ一つ調べていると、時間がかかり過ぎて飽きてしまうので、できるだけ辞書を使わずに読んでいくことがポイントだと思います。このように、ニュース、ドラマ、洋書の3つの方法で、自分の苦手な分野を重点的に勉強するようにしています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop