日常英会話を簡単にマスターする、たった4つのポイント

2012年5月20日
LINEで送る
Pocket


英語耳を作る英語学習方法

数えてみるとわたしの在米歴もちょうど5年を超えました。思い返すと大学を卒業してから営業関係の仕事で渡米、その後2年弱で帰国し結婚することになった夫も渡米を希望して家族で在米3年目になります。ここ最近は英語を話すのも煩わしくて英語を話さないといけないなら外出しない!なんて気になったりもしますが、初めの2年間は本当にがんばっていたんですよ。
なにせしゃべらないことには仕事になりませんので。そこで当時がんばっていたわたしの勉強法を紹介したいと思います。まず、毎日1時間早く起きてトピックを決めて勉強します。人って一度にそんなに多くのことを吸収できるものではないので一度に勉強する幅を狭めることは良かったと思います。そのトピックもとても小さくして網羅的にするといいと思います。
なにせ365日毎日1時間あるわけですから。そしてそれに関連した語彙や表現を学びます。というか、暗記します。むしろ、会話文を作成してしまいます。そして、その日一日は自分が暗記した会話から話します。実際に使うと暗記したものが一日ものではなくなりもう一生忘れない文章となります。
わたしの場合は営業が仕事でしたのでもちろん商品に関わるトピック、営業方法を叩き込むところから始めました。そのうちにその日の予定を見てトピックを考えるようになりました。暗記している文章の件は紛れもなく自信満々で話せるわけですから、会話がスムーズに行くようになりましたね。
そしてだんだん勉強分野が広がって行くに連れて日常会話にも自信が出てきました。自分が話す内容から相手の言ってることも想像できるようになり、そうなると耳が想像しながら聞くようになって英語を聞き取れる耳になっていきます。
この方法で効果がてきめんに出たのはすぐ1日目からですが本当に英語力がついたのは続けること1年くらいです。それから慢心してこの勉強法をやめてしまったのでそれ以来伸びず、ですがあの1年のおかげで今は在米生活を不自由なく送れていると思います。
これは英語を話さないといけない環境にいるからできることかもしれませんが、もしそういう環境にないとしても人が二人英語を毎日話すと決めて実践すればそこに必ず英語を話さないといけない環境ができるわけです。英語力は使わないとなくなってしまいますから、勉強して実践、の繰り返しが大切ですね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop