英語学習は計画スケジュールが大事!?効率よく英語を習得

2012年5月21日
LINEで送る
Pocket


根気よく1年続けた英語学習方法

まず、下のものを用意しました。文法の本1冊、単語・熟語の本1冊、小説(もちろん英語)1冊、リスニング対策のCD1枚。文法の本と単語・熟語の本、リスニングCDは、大学受験対策レベルのもの、小説はTOEIC700点レベルのものをチョイスしました。前にいろいろ本を買いそろえて10冊ぐらい同時進行で読んでいましたが、結局どれもこれも中途半端になってしまいました。
そのため、今回は本当に必要そうなものだけをそろえて、それを徹底的に自分のものにしようと考えました。文法と単語の勉強は1日1回ほぼ毎日、 リスニング対策のCDを聞くのは、移動時間ずっと(電車の中は格好の勉強の場ですね)、小説は1週間に1回、とりあえず意味がわからなくてもどんどん読み進める。毎日行っている文法と単語の勉強量が増えるにつれてだんだんと理解度が深まってきます。
それを根気よく1年続けました。仕事をしながらなので、時に挫折しそうになりましたが、英語をそもそも勉強する目的である、英語力を不安の種にしないで海外旅行を満喫するという夢を叶えるためだと自分に言い聞かせて励みました。仕事柄、残業が多く、また飲み会などもあって現実的に帰ってから勉強することが不可能な場合は、翌日、もしくは週末にその分大目に勉強するなどして、勉強量の低下を防ぎました。
TOEICを受けました。勉強する前に、開始前の実力を知りたかったので受けたのですが、そのときは400点ジャスト。1年後は695点。もう少しで700点だったのでちょっと悔しかったのですが、TOEICの試験対策という勉強は皆無で、その状態でこの点数だったので自分の勉強方法は間違っていなかったのだと思いました。
身近に英語がネイティブレベルで話せる人がいるので、発音を教えてもらいました。試験には必要のないことですが、海外旅行が本来の目的だったので、必要と感じてのことです。まだ海外旅行には行けていないですが、年内中には計画を立てて実行したいと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop