目標を設定する!英語学習を成功させる5つのポイント

2012年5月12日
LINEで送る
Pocket


書籍とCDのみで行う英会話学習方法

英語の学習を始めたきっかけは、勤め先で新規プロジェクトを立ち上げる際の人選で、外されたことでした。取扱い説明書が英文であるのと、取引先の幾つかが海外になる可能性が高かったからです。
直訴して会社から費用を出してもらい、英会話教室に通わせてもらうことも可能でしたが、後輩の手前言い出しにくく、こっそりと学ぶことを選びました。持ち出しを最小限にすべく、まずは本屋でテキスト探しをしました。今は、英会話ブームというか、英語の勉強が一種の流行なのでしょうか。大型書店の1フロアーが英語にまつわる書籍で埋め尽くされていました。
初日は、目に留まった題名の書籍を1冊1冊手に取り、難易度とメソッドを確認し、お値段も忘れずにチェックして買わずに帰りました。一晩熟考し、翌日再び来店し中学生レベルのCD付のテキストを購入しました。早速ipodに落とし、通勤時間は耳から、帰宅後の1時間を目から英語を学んでいきました。
学生の頃の英語の成績は悪い方ではなかったんですが、しばらく英語から離れていたせいか、ヒアリングが壊滅的でした。Here you are.がHey!You are ・・・に聞こえたりと、今後に絶望的になりながらも下手な虚栄心からなんとか続けました。
ひと月もするとテキストの内容に物足りなくなり、ワンステップ上のテキストを購入しました。もちろんCD付です。月に1回、本屋さんのポイントが倍になる日があるのですが、この日まで1冊分を学習し、次を選ぶというのがワンサイクルになりました。小さな目標があるというのが私にあっていたのだと思います。
達成感と締切に追われる気分が、英語の話せるようになりたいという曖昧な目標にメリハリを持たせていると感じます。1年経過した今、電話を取り次ぐレベルですが、取引先と英語で話せるようになりました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop