NHKのラジオ英語を使って実践で使える英語を学ぶ!

2012年5月2日
LINEで送る
Pocket


音読をひたすら繰り返す英語学習方法

私が今まで英語を勉強して効果があったのは、音読をひたすら繰り返すことです。よく聴いていたのはNHKのラジオ番組です。ストーリーになった英会話を文字通り耳を傾けてきいてきました。そして、その日のスキットを完全に覚えるまで音読しました。
数回では覚えられませんでしたので、30回ほど音読したでしょうか。1回読むごとに、テキストに正の字を書いていきました。完全に覚えたかどうかを確認するために、広告の裏紙などを使って覚えたスキットをテキストをみずに鉛筆で書きました。
最後に、テキストを開いて、単語の確認や助詞、助動詞が抜けていないかなどをチェックしました。私はもともと英語が好きでした。特に英語の発音に興味があったので、登場人物の発音をまねし、登場人物になったつもりで口に出して読んでいました。
ストーリーになっているので、次の展開が気になり、続けることができました。「継続は力なり」という言葉は簡単ですが、実行はなかなかむずかしいです。継続するためには、楽しむことが大切です。楽しんで英語に親しみ、気づいたら英語力も伸びていた、というのが理想です。
また、効率よく学習するために、ラジオ番組の中で「後に続いて繰り返し読んで下さい」と言われたときは、後に続いて繰り返す前の段階、つまり登場人物がお手本として読んでいるときも一緒に音読していました。
そして、英語を勉強する目的を持つことが、大切ではないかと思います。私はTOEIC900点を目標にしていました。TOEICはTOEFLよりも実践的な英語、ビジネスの現場で使う英語が中心でしたので、英語の小説などを読むよりも、英字新聞を読むなどして、ビジネス英語に親しみました。最終的にはTOEIC855点を取得しました。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop