反復記憶を用いた気軽に始められる英単語記憶法を紹介

2012年5月29日
LINEで送る
Pocket


短時間で覚える英語学習方法

私の実践している英語学習法は、反復記憶を使います。英語の参考書などを使うときに学校の先生が「一つの参考書を何回も学習しなさい」という話をよくされると思いますが、この反復学習をさらに細かいスパンで行って英単語などを覚えていきます。
単語ひとつに対して、一個の意味に限定して単語カードをつくります。カードを作るのが面倒というひとは、普通に売っている英単語のドリルのような物をつかっても大丈夫です。ポイントは一つの単語に対して、覚えるのは一つに限定するということです。
なぜそういうことをするのかというと、一つの英単語に複数の意味を持っているものは、いくつかありますが、ほとんどの英単語は一つの意味で通じることがほとんどです。そして英文を読んでいくうちに文脈でだんだんと意味が分かってきますから、無理に複数の意味を全部覚えようというのはかなりのストレスになってしまいます。
英語の勉強は毎日継続するということが必ず必要ですから、なるべくストレスなく、途切れさせずに学習を続けられる環境づくりをすることが先決です。効果はかなり高いと思います。一ヶ月も続けると単語が頭の中に入っていますから、英文を読んでいくと、今まで分からなかった文脈がだんだんと浮き上がってくるように理解できてきます。
とにかく量を多く記憶して、毎日反復して覚えていくということを続けるうちに、記憶が定着していきます。英文は単語が命ですから、この反復学習を毎日続けることで英文を読むための基礎体力が鍛えられていきます。
もちろんイディオムも大切ですが、まずは単語です。余裕が出てきたら、複数の意味がある単語を覚えていくのが良いと思います。覚える意味は一つだけで良いというハードルの低さが英語の勉強には必要なのです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop