通勤中に英語学習!音楽プレイヤーを使った簡単な英単語学習

2012年5月29日
LINEで送る
Pocket


音楽プレイヤーを使った英語学習方法

英会話ならそれほど単語力が必要とされるわけではありませんが、やはり英語を読むとなるといくつ英単語を覚えているかが非常に大きな差となります。 辞書があれば良いじゃないかと思うかも知れませんが、たとえば標準的な600ページ程度のペーパーバックの本を読むとしましょう。1ページあたり10個の単語を辞書調べるとして一つ1分かかったとします。
すると1ページ10分、600ページなので600分、つまり10時間は辞書を引いていることになります。これに本を理解する時間が必要なのですから、およそ現実的な時間内で本を読むと言うことは不可能です。おそらく途中で前に書いてあった事を忘れたり、辞書を引くのが嫌になって投げ出してしまうでしょう。
経験的にはこれでもかなり控えめな見積もりです。子供や語学学習者向きではない、一般書を読んで1ページ10個の単語しか調べないならわりと英語の出来る方かも知れません。
やはり単語を覚える必要が出てくるのですが、たまに言われる英語を多読する方法もそれほど効率が良くありません。実際オランダの研究によると100語を学ぶには、10万~20万語の文章を読む必要があり、およそ非能率的です。日常的に多くの時間が割ける人でないと使えない方法です。よって単語は単語だけで覚えていく必要があります。
そこで推薦する方法は単語カードを使う物です。覚えた物を外していくことも出来、順番を入れ替えることが出来るので、並びで覚えてしまうこともありません。さらに安価でどこでも売っています。持ち運びも簡単です。
でも意外に単語カードをめくるのは面倒な物ですし、ちょっと気恥ずかしいですね。そんな人は単語カードの内容をパソコンで録音して音楽プレイヤーに入れ、通勤などの空き時間に聞くと、自分専用の英単語学習が出来、うまく時間の活用にもなりお勧めです。毎日くりかえしていけば、きっと辞書をひく回数が減っていきますよ。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop