これは押さえたい!英語学習において重要な5つのポイントを徹底解説!

2012年4月11日
LINEで送る
Pocket


五つの英語学習方法

私が英語を勉強する際、いくつかのポイントに分けます。1.単語。2.文法。3.長文読解。4.英作文。5.リスニング。まず単語を覚えないと始まりません。時間のあるときを見つけては単語帳を眺めて覚えるようにしていました。発音もこのときに覚えます。発音記号をきちんと読めるようになると、リスニングの際に役立ちます。
文法は問題集をひたすら行いました。同じ問題でも覚えるまで行います。長文読解は少し難しくなりますが、自分の好きな内容の記事や文章のものを最初は読みました。長文といっても最初は短い2、3行の文章から始めて、物語のワンシーンの長さくらいまで読みます。TOEICでは長文読解が必要になってくるので、TOEICの問題集も役立つでしょう。
英作文は、英作文専門の問題集を行いました。問題集は自分の勉強方法に合うものと合わないものが確実にあるので、自分の実力と性格に合うものを見つけましょう。リスニングは、一度CD等で流れる文章を聞き、次に文章が書かれているものを見ながら聞き、さらに自分でしゃべってみて、それを録音します。録音したものを自分で聞くと、発音が下手なこともわかりますが、リスニングと合わせてスピーキングも上達します
これは英会話の時に行った勉強法でしたが、意外にもリスニング力がアップしました。自分が話すことで、どの単語を繋げて読むのか、アクセントはどうするのか等、細かい部分を頭の中に入れることができるからかもしれません。これらの勉強をしたお蔭で、センター試験の英語テストは2問の間違いだけだったと思います。英会話を上達させたい人は自分の英語の発音を録音して聞くことをお勧めします。
自分がイメージしている話し方と随分違うのでショックを受けますが、上達の幅がすごく広いです。最初は全く違う言語に嫌気がさすかもしれませんが、英語を話せれば交友関係も広がるので、オススメです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop