日本にいながら英語に浸かる簡単で効果抜群の英語学習法とは!?

2012年4月14日
LINEで送る
Pocket


英語になれる英語学習方法

私がやっている英語学習法はとにかく英語にどっぷりと浸りきることです。そのために一番いいことは英語圏で生活をすることですが、そのような余裕もないので、日本にいながら英語に浸るためにはどうしているかをご説明します。まずは英英辞書を使うことです。普段英語を勉強するために和英辞書、英和辞書をお使いになっている方も多いでしょうが、あれは「日本語で理解する英語の能力」を強化しているのであって、全くの無駄とは言いませんが、英語そのものを上達させるためにあまり効率的とは思えません
それならば英語で英語を理解してしまえばいい、ということでとりあえずは英英辞書です。これはウェブを見ればいくらでもありますし、もし英英辞書が難しいと思えば、「Longman English Dictionary」がおすすめです。これは基本的な単語を使って基本的な単語を説明することを目的として作られた英英辞書で、向こうの小学生向きの辞書のようなものでしょうか。これならほとんどの人は読めるでしょう。実際に私も愛用しています。
次に英語をとにかく聴くこと、見ることです。英語のドラマの英語の字幕というはインターネットを探せば意外とあるものです。英語の映画やドラマを見るときはそれを印刷して、英語を聴いています。そして分からない単語があれば英英辞書を使うのです。ほかには英語のラジオや、英語で日記を書くなど、とにかく自分の周りを英語だらけにしてしまいます。
そうしてどっぷりと英語に浸りきって最初に得られる効用はなにでしょうか?一番の効用は英語を嫌がらなくなることです。英語のウェブサイトを開いたとき、テレビから英語が流れてきたとき、一瞬「めんどくさいな」、と思ってしまいませんか?この「めんどくさいな」が英語を学ぶ上での一番最初で一番高いハードルです。そしてこのハードルを越えるのがむずかしい。さらに超えれないままだと自然と英語に触れる時間から遠ざかってしまいます。なぜならば英語が「めんどくさい」からですね。
英語に浸る生活をすることで英語に対する嫌な気持ちをやわらげていく。我々ネイティブの日本語ユーザーは日本語を使うことをめんどくさがったりしません。これは生まれたときからめんどくさい練習を知らず知らずのうちに積み重ねて日本語を使うことが苦手ではなくなってしまったからです。英語を学ぶときも同じです。分からないことはめんどくさくて当然です。それを解消するには触れて「これはそれほどめんどくさくないものなんだ」ということを無意識のレベルで自分にわからせていくしかありません。
そのために行うことが英語にできるだけ浸ること、触れることなわけです。毎日毎日嫌というほどやっていれば、英語を読むことが苦ではなくなり、英語を聴くことが苦ではなくなり、英語を書くことが苦ではなくなり、英語を話すことが苦ではなくなります。とにかく自分を英語に馴れる環境にできるだけ置くこと、これが英語を学ぶ上で一番効果的ではないかと思っています。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop