知らなきゃ損!リスニング力が上がるプロ直伝のリスニング上達法とは!?

2012年4月5日
LINEで送る
Pocket


リスニングの英語学習方法

今日は、僕のリスニングの勉強法を伝授したいと思います。僕はこの勉強法で苦手だったリスニングを克服することができました。英語のリスニングができれば映画やドラマの英語も聞き取ることができて日常が刺激に溢れるようになります。それではさっそく、リスニングが上達するステップを簡単に紹介し、それから具体的に見て行きましょう。まず、英語の基礎を固めます。そして音読。最後に速聴というステップです。これらのステップを確実に踏めば、あなたも英語のリスニングはなんの問題もない状態まで高めることができるでしょう。
英語の基礎。リスニングは耳で聞くだけで内容を理解しなくてはなりません。それができるためにはもちろん文章として紙に書いてある英語は読めるという状態であることが前提です。これがなくてはいくら英語を聞いてもリスニングができるようにはならないでしょう。英語の基礎とは具体的に、単語力、文法力です。特に気を付けていただきたいのは前者の単語力です。単語を覚えるときは、なるべくローマ字読みで覚えるのではなく、英語の発音のまんま覚えます。今は、インターネット上に少し検索すれば発音まで確認できるサイトがたくさんありますので、それで確認すればよいでしょ。
この英語の基礎を身につければ、外人さんがしゃべっていても単語くらいは聞き取れると思います。しかし、まだ文章全体を理解するにはいたってないと思います。それを解消するのが次のステップです。音読。自分で発音できない音は聞き取れません。これはどの外国語でも基本です。みなさんも小学校の時に、ひたすら国語の教科書を音読させられたと思います。母国語でさえあれだけ音読したのですから、外国語を勉強する際には、もっと必要です。音読は基本的にネイティブスピーカーが言った英語に対して、オウム返しするように発音していきます。
これを市販のテキストのCDがすり切れるくらいまでやれば、相当なリスニング力がつきます。これで基本t系なリスニング力は大丈夫でしょう。速聴。最後に速聴という段階です。これはある種、もう一歩上に行きたいという人向けです。外国の方をしゃべっているとやはりあちらも日本人の私たちには気を使ってしゃべってくれるので、音読のステップまででも大丈夫です。しかし、映画で使われるような早く口の英語等を完璧に理解しようと思ったら、この速聴の勉強も必要です。
具体的には今まで音読してきた英語を2−3倍のスピードで何度も聞きます。今回は無理に音読する必要はありません。しかし、少しでも曖昧にしか聞き取れなかったら箇所は音読してもいいでしょう。速聴も続けて行けば自分が、英語で思考することまでできるようになっていることに気がつくでしょう。これであなたは英語のリスニングマスターです。TOEICでもTOEFLでもなんでも対応できるでしょ。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop