TOEIC800点超えを達成した!読んで納得のTOEIC対策法

2012年4月6日
LINEで送る
Pocket


リーディングの英語学習方法

私の英語のリーディング勉強法を紹介したいと思います。私はこの勉強方法を行ない、たったの3週間でTOEIC800点超えを達成しました。まず、私が考えるリーディングに必要な英語の知識として、単語力・熟語力、文法力、そして長文に慣れているという3つのスキル、経験が必要です。順に説明していきたいと思います。
単語・熟語。これに関しては、市販の単語・熟語帳をひたすらやるしかありません。一番地味な勉強でしたが、手を抜くと後々の勉強に支障が出てきてしまいます。具体的には、まず単語帳を分からなくても完璧に覚えられなくてもいいので、一周します。電車や寝る前等空き時間にやると以外にもはかどります。個人的には、単語帳のような単調な勉強を「よし!やるぞ!」と机に向かって勉強してもすぐに飽きてしまうので、空き時間を徹底的に活用します。
この単語・熟語をある程度勉強することによって、なんとなく英語が読めるようになり、それ以降の勉強のモチベーションが上がります。文法力。これは英語の言葉のルールを覚えることです。日本語の英語はどうしても言葉の順番が違うので、単語だけを覚えてもそれがどのような役割を果たしているのかまでは分かりません。それを一つ一つ確認していきます。私は市販の文法書を買いました。
しかし、それほど厚いものではなく、中学の文法を確認するといったレベルです。高度な文法というのは基本的に勉強しても、そこまで活用できる場は少ないです。日本語でも日常的に倒置法などは使わないと思います。難しい文法を見つけたらその都度調べて、覚える程度良いです。文法力を鍛えることにより、単語の文の中での役割が理解できるようになります。単語を覚えただけでは、すんなりと英語が頭の中に入ってこないと思いますが、文法も勉強することにより、そのような葛藤を解消することができます。
慣れ。これはひたすら英語を読むという勉強です。今まで、単語の文法をある程度頭に入れて来たあなたなら様々な分を読めると思います。知らない単語や文の構造がでてきたらその都度調べてより高みを目指してください。そして、できたら読み終わった文をまた一週間後等に読み直すといいと思います。
英語の分に慣れると、結論はどこに書かれていたり、文の調子がなんとなく分かったりと、文を読むエネルギーが少なくてすむようになります。以上の流れを意識しながら勉強を進めて行けばそれほど英語は難しいものではありません。がんばってください!

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop