聞いて納得!英語を習得するために他言語を習得する!?

2012年4月10日
LINEで送る
Pocket


他の言語と共に学ぶ英語学習方法

「第二言語の習得より、第三、第四言語のほうがずっと習得しやすい」と言われています。わたしもそう思います。初めて習う第二言語はとても大変です。 でも、次にまた何か他の言語を学ぶときには、勉強の仕方、どうすれば覚えられるか、記憶するためのコツ、などを、すでに知っているので、習得しやすいのです。
文法や発音などが異なる言語でも、「外国語を学ぶときのポイント」のようなものを心得ているため、ラクなのです。実は、私が最初に習った外国語は、英語ではなく中国語でした。その後、仕事の関係でカンボジア語も覚えなくてはいけなくなり、カンボジア語を勉強する日々・・・。しかし、英語を話す国の人たちとも関わらなければいけないので、英語も覚えたいと思い、英語も勉強しようと思ったのですが、しっかり勉強する時間もありませんでした。
でも、以前に中国語を学んでいたので、英語も意外とスッスッと頭に入りました。そして、カンボジア語を勉強するかたわら、英語もやっていこうと思ったのです。例えば、カンボジア語で何かの単語を覚えるために辞書を調べる。その時、必ず英語の辞書も見るのです。意外に、「覚えるのは、ひとつもふたつも一緒」ということが分かりました。
私たちの脳は、意外にも許容範囲が広いようです。しかも、ひとつの言語を覚えるより、ふたつの言語を覚えたほうが、記憶に残る気がします。得した気分になりますし・・・。つまり、なにもしていない状態で、急に英語のために頭を使い始めるよりは、他の言語を学ぶために脳を動かしているときに、そこに「英語」を入れることで、とても効率よく習得することができるのです。だからといって、英語のために何か他の言語も学んだほうがいというわけではありませんが、わたしの勉強法のひとつです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop