英語学習もスポーツと同じ!?体で覚えることの重要性とは!?

2012年4月17日
LINEで送る
Pocket


発音しながら書く英語学習方法

勉強方法は発音しながら書くという一般的に英語ができるようになるといわれているやり方です。単語は迅速に自分のものにすることができる。なぜこの方法が身に付きやすいかというと、いろいろな体の機能を使っているからです。たとえるならば、スポーツでやり方だけ覚えてもしっかりとできるという保証はなく実際にやって体に覚えさせるとうまくいくというようなことと同じです。
発音しながら書くということは目の動き、口を動かす、生態を動かす、実際に手で書くといったようにさまざまなからだの動きを使っています。さまざまな動きをすることで記憶と関連づけることができます。上の勉強法は効率は下がるが確実に自分のものにする方法ですが、忘れやすいが効率的に英語の単語を覚える方法もある。
それはただ英単語を見るだけというものです。しかし、ただ見るだけでは意味がありません。この方法で一番重要なのは英単語を文字で認識するのではなく英単語を絵として認識するだけです。少し前に書いた通り短期記憶として素早く覚えることができます。しかし、長期記憶として は残りにくいのが弱点です。
本当にこの文字を文字ではなく絵で認識することで覚えることができるのかと思う人も多いと思う。しかし、これは瞬時に物を覚えるのにはとても適した方法である。文字を一瞬見て覚えれるのは初めの数文字であるが絵を見ると全体の何となく頭に思い浮かべて絵を説明できる。これに似たような事で英単語を絵で覚えて後からどんな文字で認識することで高速に大量に短期的に覚えることができます。これはどんなことにも応用できます小学校の低学年にこのやり方で「薔薇」を書いてもらいかける子供が相当な数出た実験結果もある。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop