英語上達のカギは”時間”にあった!英語習得までの道のり

2012年4月28日
LINEで送る
Pocket


電車のなかで覚える英語学習方法

わたしは英語の勉強をしています。その勉強方法として行っているのが、英単語を電車のなかで覚えてるというものです。そこで活躍しているのが1冊の本です。それは主な英単語を網羅しており、例文を覚えることによって英単語をマスターするというものです。わたしはなかなか英単語が覚えられません。
最初は単語帳をめくったりして覚えようとしたのですが、頭に入っていかず、非常に苦労した覚えがあります。これなら文章を覚えるだけで単語を覚えられます。機械的ではなく、文章の流れとして単語を習得することができるので、すっと身につけることができます。
もちろん、例文は何度も読み返さなくてはいけません。また、時には電車内で大学ノートをひっぱりだして、そこに殴り書きをするかのように例文を記入することもあります。それでも、ただ英単語帳を眺めているより数倍の効果があるように思います。わたしの場合、英単語は文章的に繰り返し身につけるほうが性に合っているようです。
 また英単語以外の勉強は、自宅や休日の図書館で例文を説くように努力しています。そのとき、なるべく数多くの英文に触れるということを大事にしています。英語は日本語と同じ、人間が相手に思いを伝えるための言語です。それゆえ、少しでも多く目に触れること、読解することがとても重要であると思われます。
1文だけ説くだけのものでもいいと思いますが、それではその場の英文を説いているだけで、英語の一端をかいつまんでいるだけのように思います。英文を読み、問題をこなすことによって、わからない単語や文法はありつつ、全体的な話の流れを把握する能力を身につけることによって、全体的な英語の能力がアップすることを確信しています。  

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop