知らなかった!ヒアリング力を効率的に伸ばす4つのポイントとは!?

2012年4月6日
LINEで送る
Pocket


複合型の英語学習方法

私の英語学習方法は色々な方法を混ぜています。その中で一番時間をかけているのがいわゆるヒアリングテープ系の物です。まず日本人と英語の発音が違うため、どうしても聞き取れない音が英語にはあるらしく、ヒアリングを繰り返す事で、英語を聞き取れるようになるのです。実際テープを聴く事で、だいぶ聴き取れるようになったと思います。
そして聴き取れてからこそ発音もできるようになりました。当たり前ですが聴こえて無い音を発音できませんよね。あと積極的に意識して英語のドラマを見るようにしました。バイリンガル放送は英語の方で見たり、レンタルしてきたDVDは字幕無し設定で見たりなどです。聴くだけでなく見る事で想像力も働きます。判る簡単な単語なんかで理解もできるようになっていきました。
単語はやはり勉強しました。知らない事には幾ら聞けても意味が理解できませんので。ただ、学校のテスト勉強の用な感じではなく、「あぁ、この単語はこういう意味だったのか」みたいな場面が多く。ヒアリングを重ねる事で英単語を覚える吸収率がグンと高まりました。あとは、はやり実践が一番英語力の上達を早めますね。とにかく会話する事です。もしくは会話するしか無い状況に持って行くのです。
幸いにも友人がアメリカに住んでいますので、彼女にお願いしてスカイプで英会話でお話をして貰っています。これには本当に助かっていまして、実際に彼女と話せるから勉強の励みにもなりますし、話したい事があるから覚えたい単語も増えました。日常会話ですので繰り返し話す内容も多く、話し慣れて来る感覚が嬉しいのです。
そしてやはり、そうなるとしたくなるのが海外旅行です。流石に頻繁にあちこちは行けませんが、休みを利用して何カ国か行きました。英語圏もそうですが、ヨーロッパでも共通語は英語ですので、ヨーロッパにも行きました。はじめはドキドキしてましたが次第に慣れて行き、そうすると緊張が解けてもっと会話もヒアリングもできるようになるのです。
要約するとヒアリングにプラス知らないと理解できない単語や言い回しの勉強と実践ですね。そして何よりも続ける事が一番大事ですね。今も勉強を続けている最中です。相手の方もお優しい方ばかりだったのでしょう、聴こうとする姿勢・理解してあげようと言う姿勢が凄く有難いものでした。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop