英語の文法を簡単に理解するための5つのルールを紹介

2012年4月11日
LINEで送る
Pocket


ネイティブの発音を真似る英語学習法

私の英語学習方法は、文法の学習は、高校時代に使っていた文法書を見直すこと、リスニングとスピーキングの学習は、洋楽を歌いこなすことですね。私が人生の中で最も勉強に励んだのは高校時代なので、高校時代に使っていた文法書が最も読み尽くしてあり、今でも私のバイブルになっています。
普段は日本語しか使わない環境にいるので、受験生時代から遠ざかるほど英文法を忘れていきがちですが、忘れかけても、バイブルである一冊の文法書を見直すと、当時詰め込んだ知識や記憶が一気によみがえってきます。そして、その一冊を頭に入れた上で、通信制大学に通っていた頃の、かなり分厚い文法書を読むと、基礎を習得している分、比較的すんなり頭に入ってきます。
リスニングとスピーキングの訓練は、以前は英会話教室に通っていたのですが、最近は趣味も兼ねて、洋楽の曲をそっくりそのまま歌えるように練習していますね。現在バンドを組んでいて、ボーカルを務めているので、毎月1曲くらい洋楽の曲を覚えるのですが、何度も聴いてマスターしていくうちに、ネイティブの発音まで身についてくる気がします。
学習の効果のほうは、はっきりした数値では分かりませんが、仕事で英文を書く必要があるという彼氏に英文法を教えることはできていると思うので、猛勉強した学生時代の知識をキープすることには成功しているのではないでしょうか。今度試しにTOEICも受けてみたいですね。それから、洋楽を歌うようになってから、英文をカタカナに直して喋る癖が抜けて、英語を英語の発音のまま話す習慣が身についてきたかと思います。
あと、テレビで洋画が放送されると、もちろんすべてではありませんが、字幕を読まなくても聞き取れることがありますね。英語を学習するコツは、個人的には、文法の基礎をしっかり身につけて、その知識を骨組みとして新たな知識を肉付けすること、そして、何よりも楽しんで英語を覚えて、ネイティブの発音を真似てみることだと思いますね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |    |    |  

pagetop