英語学習者必見!英語習得において指導者は必要不可欠!?

2012年4月12日
LINEで送る
Pocket


洋楽を聞いて発音もよくなる英語学習方法

私は高校生の頃、洋楽を聞いて、歌を歌っていました。単純に英語の発音が格好良かったから始めたことでした。これによって英語を聞き取る耳の力が随分上がりました。それと同時に、発音もよくなっていたようです。
自分の発音は結構良いほうなのかもしれないと気づいたのは大学に入ってからでした。英語の授業でイギリス人の先生に褒められたことがきっかけでした。褒められて、高揚した私は英語で話すことに少し興味がわいたので、英語のサークルに所属しました。周囲の英語力が高かったので、もう少しスキルを磨くためにシャドーイングのテキストを購入しました。
購入したテキストで日ごろ使いそうな表現を丸覚えしました。覚えた表現を使いまわすことで、会話は困らないようになりました。英語の雑誌や新聞は文字が小さかったのと、興味のある記事がなかったので読み続けることはできませんでした。代わりに、簡単なゴシップ記事を読んで、面白がっていました。いやいやながら堅い記事を読むよりも、自分の好きな記事を読むほうが楽しく読み込めます。
耳のほうは外国のニュースキャスターに熱中していました。CNNやBBCのニュースキャスターの声が綺麗で、耳に心地よかったので録音して電車の中や図書館でBGM代わりに聞いていました。耳を良くするためには、憧れの俳優がでている映画や、歌手の声を聞くと良いです。好きなのでいくらでも聞いていられます。
社会人になってからは、たまたま英語を使用する職場で働く機会があったため、英会話教室に通いつつ、ビジネス英語の本を購入して、仕事用の英語を丸覚えしました。仕事上は丸覚えした表現をつかいつつ、簡単な言い回しでなんとかやっていけました。本は1冊あれば十分です。自分の英語のレベルにあった、読みやすい本を直感で選ぶことが大事です。
失敗した点は、当時通った英会話教室はテキストがないスタイルだったので、自分が毎回話す内容を考えていかなければならないことが私にとっては面倒でした。職場の人に外国の恋人を作れば一番上達するよと言われました。確かにそうだろうなと思います。現在はインターネットのオンラインゲームで英語を使用します。生きた英語は、表現のリズムが良くて面白いです。
ネット上のコメントでも英語は頻繁に使用しますので、ネット社会によって英語が随分身近になったなとしみじみ思います。今の若い子たちは、ネット上で英語を感じているので、抵抗もなくすんなり吸収できるのではないかと思います。今後、私が仕事で英会話が必要になった場合は、ネット英会話を申し込もうかと計画しています。値段も安く、自宅でいつでもできるのは大変魅力的です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop