イディオムを効果的・効率的に使う英語学習法とは!?

2012年4月30日
LINEで送る
Pocket


使って覚える英語学習方法

英語は使わないとなかなか身につきません。使うというのは海外の人と話をしなければいけないというわけではなく、ちゃんと口に出して学習することが必要という意味です。口で言うことで自分の耳からも声が入ってきて記憶の定着力が増します。この基本をもとにして、単語とイディオムを繰り返して覚えていきます。
単語帳や参考書はどれでも良いです。これは予備校の先生から教わったのですが、一つの参考書をひたすらやり続けた方が身につくという話を信じて受験勉強をしたら成功して、見事大学に合格したという経験があるからです。単語とイディオムに分けるのは、一緒にすると頭が整理できず、混乱して学習効率が悪くなることから、分けて記憶するようにします。
基本を単語勉強に費やしながら、2日単語を続けたら1日イディオムという風に、続けていきます。しかし、ほとんどの単語は1回では覚えられません。どんどん次に流していったとしてもほとんど身についていないです。なので、昨日勉強した範囲を次の日も最初からおさらいします。おさらいだけで大丈夫です。そのために2日を単語に取っています。
そして、イディオムです。単語を生かすためにはイディオムを補完しておくのはとても大切なことです。ただ、単語があれば文章読解や会話は成立することがほとんどなので、リフレッシュという感覚でイディオムを使っています。こうして再度繰り返しながら単語を覚えていくことで、どんどん身についていきます。反復を続けることで英字新聞くらいは読めるようになりました。
単語をおさえたら、次の学習へ行くというサイクルを基本にするというルールを作っておくと学習効率は上がっていきます。あまり広く手をひろげないというのがとても大切なのです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop