翻訳作業で英語力が上がる!?オリジナル英語学習法を紹介

2012年4月30日
LINEで送る
Pocket


翻訳作業で効率的に学ぶ英語学習方法

一番、英語を効率的に学べる方法は、おそらく英語圏の国で半年以上は留学をすることでしょう。しかし、それは誰しもができることではありません。お金や時間もかかるし、ツテだって必要になります。なのでどうしても机上の学習法になってしまいます。だからといって英単語帳とにらめっこして丸暗記しようとするのは得策ではありません。単語の丸暗記は悪いことじゃありませんが、それだけでは英文も読めないし、会話もできません。
私がおすすめする英語学習法は、翻訳です。大きな図書館に行けば、外国人向けの本のコーナーが必ずあります。そこで「シンデレラ」でも「白雪姫」でもなんでもいいので、話の内容を知っている本を一冊借りてきましょう。最初は子供向けの童話くらいから始めた方が良いと思います。そしたらノートと辞書を用意して、毎日少しずつでいいから翻訳していきます。
一気に全部やってしまおうとすると集中力が途切れて嫌になってくるので、一日に2~3ページとか区切りをつけてやりましょう。童話なのでそうページ数も多くはないはずです。話の筋は知っているし、辞書を調べれば単語の意味もわかるので、そう時間はかかりません。私はこの方法を親戚のお兄さんに教わったのですが、やっている内にたしかに文法とか熟語がわかるようになってくるのを実感できるようになりました。
大体、10冊目くらいから効果が出てくると思います。図書館の英字新聞を読んで、書かれてある記事の内容がおおまかに理解できた時は感動しましたよ。 考えてみれば、子供の頃はよく童話を読んで、文字やら言葉を覚えていた気がします。それをやっているのだから、効果がないはずがありません。英語圏の人だってそんな風に字を覚えていたのだと思いますよ。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop