勉強したらすぐ使う!が鉄則のオリジナル英語上達法を紹介

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


勉強したら即使う!が鉄則の英語学習方法

わたしは、いままで特に英語教室に通ったり、先生をつけて勉強したことは一度もありません。それでも、語学を学ぶことは好きですし、外国人と話すことは好きなので、英語を含め幾つかの言語を学んできました。英語も独学で勉強しています。主に、書店に売っている本やCD、辞書などを使って学習していますが、以前はなかなかその学習したことが身に付きませんでした。
その理由は、「使わない」ことにありました。つまり、勉強しても実際に話すことがなかったので、せっかく勉強してもすぐに忘れたり、自分が覚えた単語の発音も、正しいのが間違っているのかすら分からなかったのです。これが、日本人の英語学習法の落とし穴だと言われる所以です。日本人は、中学生のころから(最近は小学生の頃からでしょうか?)、ひたすら机にかじりついて勉強し、単語を覚え、テストに備えるのですが、肝心のリスニングやスピーチが苦手なのは、実際に誰かと話してみないからです。
それで、わたしは幾人かいる外国人の知人に、少しでも英語で話しかけてみるように努力しています。彼らは、わたしが英語をあまり話せないのを知っているので、そんなに会話もないのですが、やはり下手でも英語で話しかけると、とても嬉しそうにします。そして、お互いの距離も縮まるような気もします。発音が間違っていると、遠慮ナシにその発音は違う、とか、もう一回言ってみて、と教えてくれるので助かります。そのまま、間違っていても黙っていられるより、失敗してもそうやって教えてくれることによって、確実に正しい英語が身に付きます。
コツは、相手を自分の話題に引き込むこと。前の日などに、ある程度勉強し、単語を幾つか覚えます。その覚えた単語を全部使うことを目標に、誰かに話しかけ、自分がその単語を使えるような話題に持っていくのです。使ってきて通じたら、今日の学習完了。覚えたことを実際に自分の口から出すことは、かなり脳に影響すると思います。頭の中でどんなにグルグル考えても、まったく為になりません。覚えたら即!使って、少しずつでもどんどん単語、表現方法を覚えていきましょう。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop