英文法を重視した3ヶ月で成果が出る英語学習法を紹介!

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


英文法から始める英語学習方法

英語は、大きく分けて「リーディング」「英文法」「英単語」「リスニング」に分類されます。もちろん、このどれが欠けても英語が上達することはありません。しかし、何よりも大切なのが英文法です。日本語と英語では、文の構造がまったくといってほど違います。例えば日本語では、「これはペンです。」のように、主語・述語・動詞の順に書かれます。しかし英語の場合、「This is a pen.」のように、主語・動詞・述語の順に書かれます。
このような基礎からまったくもって違うことから分かるようにに、複雑な文になるほど日本語と異なる部分も増えていきます。それを踏まえると英文法学習の重要性がお分かりいただけるでしょう。ではどのように学習していけばいいでしょうか。もちろん参考書を読み進めて理解していくことになりますが、ただ黙々と読み進めていくだけでは理解は深まりません。次の点を意識すると、より効率良く学習が進みます。
『時勢』を意識する。時勢とは、「現在」「過去」「未来」のような、時を表す動詞の形のことです。例えると、「ジョンは電車に乗って学校へ行く」という一文があったとします。これは現在形の文章です。では、過去形や未来形に直すとどうでしょうか。「ジョンは電車に乗って学校へ行っていた」「ジョンは電車に乗って学校へ行くつもりだ」など、いくつものパターンの文章が浮かぶでしょう。しかし、これを英語にするとなると、途端に訳せなくなる人が続出するのです。
英語に直すと、現在形は「John goes to school on the train.」過去形なら「John went to school on the train.」未来形なら「John is going to go to school on the train.」のようになります。この文章は簡単なものですが、複雑な文章になった場合は『時勢』を意識することはもっと重要になってきます。難しいところに囚われず、基本的なところから文法を理解しましょう。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop