大学4年間でTOEIC950点を取れた自分式TOEIC対策法を紹介

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


オリジナル英単語帳で英語学習方法

私は主にTOEICの問題集を使って英語を勉強しています。まずはTOEICの試験を試験時間と同じ時間(12時~15時)で自宅でテストをしたあとに、答え合わせをします。そして間違っていた問題のみピックアップし、その問題にでてきた初めて見た単語やわからなかったフレーズを単語ノートに写していきます。これはリスニングもリーディングも同様です。そうすると、その単語ノートにはわからなかった単語やフレーズでいっぱいになります。
主に、電車の中や移動時間を使ってそのノートを読みます。1回目は軽く目を通して暗記をし、2回目にノートを見直すときはじっくり見て暗記をしてきます。3回目以降は自分でクイズ方式にそのノートを見返していきます。単語やフレーズはノートの一番左の列に記入しているので、その列だけ折り畳み、その折り畳んだ部分を見て意味や、日本語訳を当てていきます。4回目に見るときには、大体暗記で覚えていくのでわからなかったものは蛍光ペンでマークをし、5回目以降はそのマークしたものだけをクイズ形式で当てていきます。これをTOEIC公開テスト本番まで約2ヶ月間繰り返し行いました。
この勉強方法を大学4年間繰り返し行いましたが、結果TOEICのスコアは400点アップし、もう少しでパーフェクトスコアに到達出来るほどまで英語力があがりました。英語の勉強方法はひとそれぞれですが、私は英単語が一番重要だと考えています。だからといって本屋で売られているような、もうすでに出来上がっている英単語帳を使って勉強するのではなく、自分が問題を解いてみてわからなかった単語をまとめた、自分だけのオリジナル単語帳を使って勉強をした方が効率が良いと思うのです。単語力が弱い人、勉強の容量が悪い人にはぜひおすすめしたい私の英語学習方法です。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop