辞書を使った一歩ずつ前進する英語学習法とは!?

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


勝手に身につく英語学習方法

中学生になったとき、新しい教科として英語が始まり楽しみにしていたのが、1年後には苦痛にもなっていたのをよく覚えています。英語の目的はコミニュケーションなのに、勉強になっていたからなんでしょう。その私が日常会話程度できるようになったのは、音楽です。洋楽を聴くようになって、歌いたいとか、意味を知りたいと思うようになったのが大きなきっかけです。CDを買って、あるいは借りてくると、歌詞をコピーし、日本語訳があるものはそれをコピーしていました。
でも、訳した歌詞ってかなり意訳なんで、英語の歌詞からどうしてもわからないところがあるんです。それを自分なりに辞書で調べて、わかるようになんとか理解しようとしたのが勉強方法です。よかったのは、単語の幅が広がるというのでしょうか、どうしても学校だと、単語の意味や使い方を覚えるだけだったのが、ちょっとしたニュアンスの違いが含まれているのがわかるようになったのです。それと、歌へヘタですが、歌うことで、聞きとれるようになってきたのは自分でもよくわかりました。
そうすると、苦手意識がだんだんなくなり、逆に文法を調べるようになったのです。英語の詩を見ると仮定法が多いんです。最初は全然わからなかったのですが、色々と調べてみると、仮定法が使われていることがわかって、そこから、調べることが増えるようになり、まわわかるようになると、ちょっとうれしくなるといういい循環になりました。それからは、とにかく分らなかったら調べることだけです。
ちょっとしたことでも辞書で調べてみると、求めていた以上のことがわかるようになるので、そうしたことの繰り返しで日常会話程度はできるようになりました。ただ、基礎が足りないのか、いくら調べても理解できないところは未だにたくさんあると思います。どんなことでもそうですが、面白くなると勝手に身につくようになるものです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop