レベルに合わせて学べるインターネット英語学習法を徹底解説!

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


インターネットを使った英語学習方法

巷には沢山の英語学習法やツールがありますが、私の英語学習法の基本は「沢山の単語」「簡単な文法」です。勿論、話すことや聞くことは「話せるようになる」という意味で必須なのですが、そのために、話したいことに関する単語を知っていることや、簡単な文法を知らないと話にならないからです。日本人の英語教育は、これまで文法を重視してきたせいもあり、多分、基礎的な文法力はそんなに問題ないと思います。ただ単語は文法に比べると忘れやすいのは確かで、話したくても「あぁ、この単語、英語でなんていうんだっけ」というようなことはよくあると思います。
単語力をあげるのに効果的な方法は、インターネットを使った学習サイトではないでしょうか。あるサイトでは、TOEIC用やTOFEL用など、レベルやシーンによって色々とテーマが分かれており、自分にあったものを選択することができます。また、それぞれのテーマでは、その単語の「単語から日本語の意味を選択する」「日本語から適切な英語を選ぶ」「自分で英単語をタイプする」という3段階構成になっているため、効率的に覚えることができるように思います。
さらにいいのが、自分の間違った単語や苦手な単語はサイトが自動認識してくれることです。ある一定の時間をおいて繰り返し問題を出してくれるため、自分で苦手な単語を管理する必要もなくこれは非常に便利な機能です。 また、単語だけが出てくるのではなく、文章の中の単語として問題に出されるので、自然と英語の表現方法も身につけることができます。
効果としては、サイトを使って3ヶ月、昔に比べて英語を話す機会で「あの単語なんていうんだっけ」というようなことが減ったということだと思います。多少、文法がおかしくても、単語を並べれば案外話しは通じるものです。英語を話す機会や聞く機会を作ることって案外勇気がいることだったりするので、最初は単語力の強化からスタートしてみてもいいのではないかと思います。
その他、ネット関連でいうと、やはりオンラインの英会話は手軽で便利だと思います。英会話学校に通うのに比べて自宅でお安く手軽に受講できるので、単語力を増やした上でそういったサービスを使うと効果的な英語学習ができるのではないでしょうか。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop