英語の先生から教わった、生の英語の重要性とその学習法!

2012年3月31日
LINEで送る
Pocket


大学から始める英語学習方法

高校で受験を終えても、大学1~2年生では、だいたい必修として英語の授業があります。その内容は各大学によって異なると思いますが、私の大学では入学当初に学力診断テストをして、その点数からクラス分けを行うというものでした。私自身は真ん中らから少し上ぐらいのクラスになったのですが、一番上と一番下ではまったくレベルが違うことに驚きました。
一番上のクラスでは、留学を目指せるようなレベルで、講義がほとんど英語で行われるという、私からすればハイレベルなもので、一番下ではアルファベットの練習から始まるというものらしいのです。ちなみに、私のクラスは英語の小説を読みながら翻訳していくという、簡単でも難しくもないクラスでした。つまり、大学での英語の学習というものはそれぞれの人に合わせたレベルのものが必要であり、何を目指すかによって変わると思います。
そんな中で、私はTOEICで600点以上を取ることを目標に勉強を始めました。TOEICは英単語や文法よりも、リスニングに重きを置くテストなので、リスニングの勉強を始めることにしました。その方法は、英単語帳についていたリスニングCDを聞いたり、英語のスピーチをそのまま聞いたりするものでしたが、あまり身に付きませんでした。
英語の先生からは、英語のラジオを聞いたりするのがいいと聞きましたが、実際に聞いてみても何を言っているのか分からないですし、分かるようにもなりません、そこで私は、中学生の人と友達になって、お喋りするという方法をとりました。やはり、ネイティブの方と話すと、それが一番の練習ですし、もし身近に英語を話せる方がいるなら、その人と一緒に英語で話すという環境を作ることが、何よりも英語が話せるようになる秘訣だと思います。ただし、この勉強法の問題点は、表現方法や話す癖まで吸収してしまうので、ちょっと変わった語調の方だと自分まで変な語調になってしまうかもしれないですね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop