英語の学習ポイントを解説!頭の中での翻訳はダメ!

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


リスニングを中心とした英語学習方法

特に仕事で必要というわけでもないのですが、社会人になると同時に英語の学習を始めました。もともと海外旅行が好きだったのと、英語が話せれば素敵だなとおもっていたことだけが理由だったのですが、こうした動機で英語学習を始めたわけです。これまでに難関といわれる国家資格試験に合格した経験があったので、勉強といっても学習方法にこだわるようにしています。
というのは、勉強って勉強時間が大切なのではなく、いかに正しい方法で勉強するかが大切だと経験的に知っているからです。間違った方法でどれだけ努力しても学習効率は上がらないので、社会人の勉強には適していません。合理的な方法で合理的な学習をしてこそ身になるものだとおもいます。英語学習について考えたときに、中学、高校、大学と学習を続けてきたにもかかわらず日本人のほとんどが英語を話せません。
ということは、これまでの英語学習方法が間違えていたのではないかと考え、子供が英語を学ぶ方法を応用できないかと考えました。そこで私が取り組んだ学習が、できるだけリスニングを増やすという勉強方法です。これまでは、ほとんど筆記だったのですが、基本的にリスニングで学習をしています。いわゆる耳から覚える学習です。それとあわせて、英語を英語で学ぶということにもこだわった学習をしました。というのは、頭の中での翻訳をやめるのです。
今までは、後ろから順番に訳しさえすればいいとおもっていたのですが、これでは会話のスピードに追いつけませんので、意識的に訳すことをやめて最初から最後まで読む順番で理解するようにしました。こうすることで、飛躍的に読書スピードが上がったようにおもいます。読書スピードが上がると、リスニングも少しずつ聞き取れるようになっていきました。このような方法で学習を始めたのですが、これからも色々と学習方法を改善していくことになり今も学習を続けています。英語学習はなかなか難しいものですね。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop