洋書を使って英語表現を楽しんで勉強できる方法!

2012年3月30日
LINEで送る
Pocket


読んで書いて楽しい英語学習方法

単語は読めるものの、いざ書くとなるとつまづいてしまいます。また、読める単語であっても文章になってしまうと意味が繋がらず困惑する事も多いものです。私はその弱点を克服するため、洋書を使って英語表現を学んでいます。今、教材に使っているのは「チャーリーとチョコレート工場」です。映画が気に入って選んだのですが、好きな作品なだけあってストレスになりません。
最初は、分からない単語や表現をノートに書き出すことから始めています。そして、その単語の意味などを辞書で調べます。すると、分からなかったはずの文章が読めるようになります。単語は表現は反復して出てくる事が多いので、その後はそのまま読めるようになっていきます。それでも覚えられない単語は、覚えるまでとにかく書いて頭に入れていきます。すると物語の中盤あたりで、ストーリー自体を楽しめるまでになってくるのが分かります。
私はこの方法で、苦手な綴りと文章表現を克服しています。何冊か読んでいくうちに、難しい表現や単語以外は暗記しスラスラ読めるようになってきています。最初は一ページを読む進むにもかなりの時間がかかっていましたが、今では倍以上の早さになりました。実際に英語に触れて慣らすには、とても良い勉強方法だと思っています。
また、自分の好きな作品で学べるので楽しさもあり続けられているのだと思います。もとから読書が好きだったのもあり、どんどん新しい物語を読んでみたい欲求が高まっています。大きな書店に行くと、沢山の洋書があるので面白そうな作品を見つけては次の教材にしようと決めています。こうして、楽しんで勉強出来るのが一番のメリットだと思います。ある程度読めるようになったら、自分で物語を書いてみるのもいいかと考えています。そうなれるように、単語や表現を文字に出来るよう練習を重ねたいです。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |    |  

pagetop