英語学習を長続きさせるカギは達成感を得ること!

2012年2月2日
LINEで送る
Pocket


リスニング機器を使った英語学習方法

私の英語勉強法で、一番役に立ったのは、リスニング機器を使いながらのものです。具体的に言うと、カーペンターズやビートルズ、PPMなどの音楽を、ずっと流しながら歌えるようします。それから、はじめて歌詞を見て、わからない単語を辞書で引いたり、前置詞をつけて覚えたりしました。
なんでもそうらしいのですが、はじめのとっかかりに一番時間がかかるのです。例えば、英語では、はじめの3日間ぐらいは量を少なく、「やればできる!」とう達成感を大切にします。ハードルを低くして、例えば曲を聴くだけ、好きな曲を見つけるだけというだけにします。
調子よく出来るようになってきたら、少し増やします。曲を書いてみながら、スペルを覚えたり、分からない単語の意味を調べたりします。曲と一緒に頭に入れるのは、記憶に残りやすいのは本当です。ここで、気をつけたいのが、選曲です。カーペンターズが、勉強にいいといわれるのは、その表現の美しさと、日常英語が多用されているからです。
英語に抵抗がなくなってきたら、中学生用の英字新聞などをとるのも、効果があります。入試などの試験問題には、時事問題が頻出します。新聞の文章に慣れておくと、試験でズラズラと文章が並んでいても、気が遠くなることはありません。見慣れているというのは大切なことです。
その他、やっぱりしゃべりたい!というのなら、外国語講師さんがいらっしゃるレッスンをうけ、とにかく話す!!「話して通じた!」という自信が、自分から話してみようという意欲を育むのだと思います。

あわせて読みたい記事

関連するキーワード

  |    |    |    |    |    |  

pagetop